インバウンドも増加中!格安航空券は品薄になるのか?

インバウンド需要が増加しています

いわゆるインバウンド消費が増加中です。ひと昔前に比べて外国人観光客の姿が街中で急増しており、インバウンド客の増加に驚いた方々も、現在では日常的な光景だと感じ始めているでしょう。特に「爆買い」という言葉が流行った通り、大勢の中国人観光客が日本の国へ観光に訪れています。家電量販店やドラッグストアで、日本製の日用品や家電製品を爆買いする様子は、連日メディアでも盛んに取り上げられました。インバウンド需要の増加によって、国内線や国際線でも中国人を中心とした外国人観光客の姿が目立ち始めています。格安航空券がこのままでは品薄のなるのでは、と内心不安に感じている方々もいらっしゃるかもしれません。国内でも格安航空券を利用するユーザーは増加傾向にあり、このままでは将来的に、自由にLCCが利用出来なくなるのでは、あるいは値段が高騰するのでは、と危惧する声もあります。

格安航空券が高騰したり入手困難になる?

インバウンド需要が増加しても、LCCの航空券が入手困難になる可能性は低いでしょう。LCCの航空会社がひと昔前に比べて増加しており、中国人観光客や欧米諸国からの旅行客が増えても、充分対応できるレベルです。日本人の間でもLCCの利用客は増加していますが、それを加味しても国内線の格安航空券が極端に値上がり、予約できない位、品薄になるリスクはなく、むしろLCCサービスを提供する外資系企業やベンチャー企業が今後、増加すれば今まで以上に値段がお手頃になるでしょう。

ただインバウンド需要が急増しているのは事実です。中国人観光客が大勢来日する、いわゆる中国のお正月や大型連休中に限っては、航空券が品薄になったり、値段が普段よりも上がる可能性は捨てきれません。