国内旅行には欠かせない!私がおススメする格安航空券の入手法

とにかく安く移動したいなら・・・

飛行機を利用した国内旅行は、移動距離が長くなるほど従来はかなりの運賃がかかっていました。しかし、21世紀に入って日本でも続々LCCが事業を開始した事により、今では予算があまりなくても飛行機を利用して遠くの島などに行けるようになっています。ただし、LCCでチケットを取る場合にも、予約方法によってお得度が変わってきてしまいます。コンタクトセンターに電話し、オペレーターを通じてチケットを予約すると別途手数料をとられてしまいますのでオンライン予約で入手する事をおすすめします。なおオンライン予約する時は座席指定する事もが可能ですが、新幹線や特急とは違って座席指定には別途お金がかかるため安さにこだわるなら指定しないほうがよいでしょう。

ある程度快適に移動したいなら・・・・

続いて、予算はあるので値引き幅はそんなに高くなくていいから、LCCよりも快適に移動したい場合についてです。この場合は、LCCとは違って機内食もついていて座席での娯楽も楽しめる大手航空会社自体が発売する格安航空券をゲットするのがおすすめです。傾向としては、航空会社としては出来るだけ早く満席したいという思惑があるため、早期に予約すればするほど値引き率が高まります。なお、国内の某大手航空会社は、2018年秋に、なんと搭乗の最大355日前(つまり約1年前)からチケットを予約できるサービスを開始しました。これは、半年前から予約できる状態でもまだ不満があり、もっと早くに予約をしたいという顧客の要望を受けてスタートしたものです。

もしお気に入りの旅行地が見つかったら、来年の同時期にも同じ場所に行く事を決めてしまい、航空会社HPから申し込んでみてください。搭乗日の55日前までは一切お金がかからずに無料でキャンセルできます。