格安航空券ってキャンセルができるの?

格安航空券のキャンセル料金は高くなりがち

格安航空券だからキャンセルはできない、そんなことはありません。驚きの値段で購入できるLCCでもキャンセルは可能ですが、デメリットもあります。そのひとつに、キャンセル料は高い傾向があります。航空会社により料金設定も違い、航空券のクラスやシーズンによっても大きく違いがあります。場合によってはチケットを破棄してしまった方が安上がりだった、ということもあります。格安航空券での旅行を企画する際、注意しておきたいのは「安い航空券ほどキャンセル料は高額になる」ということです。それを理解したうえで、日程が確実に動かないことを想定し購入するようにしましょう。キャンセルする場合は、払戻手数料も発生します。航空会社によって違いはありますが、基本的にチケットのクラスに関わらず決まった料金です。

発券した場所は航空会社?それとも旅行代理店?

キャンセル料金については、購入した場所によって違いがあります。航空会社から直接購入している場合なら、スムーズにキャンセルできる場合もあれば、チケットの条件によって高額なキャンセル料がかかってきます。キャンセルの申し出は、早ければ早いほどキャンセル料が安く済む可能性もあるので、キャンセルが決まったらなるべく早く行動したほうが良いでしょう。旅行代理店で購入した場合、パッケージツアーなどの申し込みなら、その代理店で定められたキャンセル料を支払わなければなりません。この時、まだ航空券の発券が完了していなければキャンセル料だけで済む場合もあるので、早めに連絡をしましょう。代理店での航空券の予約については同時に発券が完了するので、当然キャンセル料と払戻手数料がかかります。

格安の航空券を購入する際は、ネットを利用すると、とても便利です。365日24時間購入可能ですし、ANAなどの各航空会社の価格を比較することもできます。